妊娠初期から出産期間まで

今までたくさんの友達が妊娠をし出産を経験してきました。私もいつかあんなふうになりたい、こんなふうになりたいと思いえがきながら31歳で初めて妊娠しました。『妊娠life』という友達がエンジョイしていた生活が私にも始まるとワクワクしていましたが実際は・・・。

そんな私の体験談をもとにした『妊娠life』をここに書かせていただきます。自分のお腹にもうひとつの命をかかえて生活する事がどれだけ大変でどれだけ幸せなのかを少しでも伝えることができれば嬉しいです。

妊娠するということは簡単な事ではありません。特に不妊症になる人が増えています。不妊症とはストレスや性行為などで女性器に何らかの異常を引き起こしたり、ファーストフードなど食生活の欧米化が進み冷えや肥満なども原因のひとつです。

元々、子宮に問題を抱えてる人も数多くいます。ですが不妊症は女性だけの問題ではありません。同じく男性もストレスなどで精子が正常につくられなかったり、飲酒や喫煙によって精子の形成に異常をきたす事が原因にあげられます。  

私の場合は、10代の頃から生理不順と生理痛がひどく妊娠しにくい場合があると言われたのでピルを飲んでの治療をしていました。避妊目的でピルを飲む人もいますが私は月経困難症という重い生理痛を緩和するためや生理の周期を正常に戻すためにピルを飲んでいました。

毎日毎日、同じ時間に一日も飲み忘れることなくピルを飲み続けることは簡単そうでとても大変でした。毎日同じように過ごしてるわけではないのでお家で飲む時もあれば外出先で飲むこともあるのです。

常に持ち歩き時間を気にして飲み忘れを気にして神経質になったこともありました。それでもいつかは妊娠がしたいという一心で何とか飲み続け生理不順を改善する事ができました。

ピルを止めほどなくして生理がこなかったので病院にいくと、モニターを見ても何もないようにしか見えない私に先生は「妊娠5週ですね。」と言いました。

正直、赤ちゃんの形があるわけでもなく丸く点があるだけだったので実感がわいてきませんでした。それでもプロが言うんだから間違いないと思い嬉しさがジワジワとこみ上げてきた事を覚えています。

一緒についてきた旦那に報告すると私以上に喜んでくれました。その帰りに近所のコンビニの店員にテンションが上がった旦那が妊娠を報告したときは少し引いてしまいましたが(笑)、そのあと両親にもまわりのみんなにも報告し私の『妊娠life』が始まりました。